平成29年度(第69回)東京みなと祭
東京港の祭典、第69回の「東京みなと祭」は、晴海ふ頭をメイン会場として開催され、晴海会場と田町、豊洲駅よりシャトルバスが無料運行されました。
恒例となった「体験乗船」、「ポートバザール」、「ポートステージ」や「賑わいイベント」、など盛り沢山のイベントが開催されました。
また、みなと祭の前週21日(日)にはお台場で初夏を彩るドラゴンボート大会も開催され、全体で9万6千人(共催行事を含む)の来訪者を迎えて盛大に繰り広げられました。

開催日時
平成29年5月27日(土)〜28日(日)

来場者数
9万6千人(共催行事含む)

主な行事
   この他にも数多くの主催行事、協賛行事があり、大変な賑わいを見せました。
●ポートバザール
東京港に関係の深い地元団体等の協賛による物品、飲食物、雑貨等を販売し、大変な人気であった。
総計28団体19テント、ケータリングカー14台
●見て!ふれて!東京港
東京港で活躍するレストランシップの船社及び関係官公庁等が出展。各団体のPRや関連商品を販売し、盛況であった。
[出展者]  総計16団体20ブース
東京税関、東京都港湾局、東京港埠頭梶A東京ヴァンテアンクルーズ梶A潟Vーライン東京、潟Nルーズクラブ東京、国土交通省関東地方整備局東京港湾事務所、海上保安庁東京海上保安部、東京インナーハーバー連絡会議、警視庁月島警察署、(一財)全日本海員福祉センター、農林水産省横浜植物防疫所東京支所、農林水産省動物検疫所羽田空港支所東京出張所、(公財)東京連合防火協会、東京消防庁、(一社)東京都港湾振興協会
●体験乗船
公募により一般都民を招待し、レストランシップや屋形船、東京都の行政視察船などによる東京港内クルーズを実施。参加者は、レインボーブリッジやその他東京港の景観を眺めながら楽しんでいた。 
●スタンプラリー&アンケート
晴海会場内に設置したポイントで全てのスタンプを押した参加者に参加賞を贈呈。さらに、アンケート回答者にはポートステージにて東京港で活躍するレストランシップのランチやディナークルーズ券が当たる抽選会を実施。
●珍しい船の一般公開
普段、乗船することのできない、水産庁漁業取締船「照洋丸」(27日(土)のみ)、海上保安庁海洋情報部の測量船「拓洋」(27日(土)のみ)、東京海洋大学の練習船「海鷹丸」(27日(土のみ)、東京都の浚渫船「海竜」((両日)、海上自衛隊護衛艦「いかづち」(両日)の船内一般公開を実施し、大盛況であった。
●賑わいイベント
海上輸送で活躍する冷凍コンテナの体験、ふあふあやバトルキング、自衛隊の装備品展示コーナーなどを設け子供から大人まで楽しんでいた。
●ポートステージ
音楽隊による演奏会のほか太鼓演奏、ダンス、子供に大人気のキャラクターショーなど大人から子供までが楽しめるステージを展開。
●バスで巡る!東京港ビューポイントツアー
公募により一般都民を招待し、バスにて陸上より東京港の穴場ビュースポットをPRするバスツアーを実施。参加者は、レインボーブリッジやその他東京港の景観を眺めながら楽しんでいた。 
●水の消防ページェント
東京消防庁による、消防演習、一斉五色放水などのページェントや東京消防庁音楽隊の演奏とカラーガーズ隊、消防少年団行進などを実施。
●東京ドラゴンボート2017
東京ドラゴンボート大会実行委員会との共催により実施。当日は、44チーム、が参加し、直線250mの本格的レースを実施。水しぶきをあげての迫力あるレースに観客から大きな歓声が上がった。
また、みなと祭協議会より混合の部入賞チームへ賞品を贈呈した。


東 京 み な と 祭 協 議 会 事 務 局
〒135-0064 東京都江東区青海2丁目4番24号 青海フロンティアビル20階
一般社団法人東京都港湾振興協会内
tel:03-5500-2585
fax:03-5500-2589
メールでのお問い合わせはこちら